自覚症状が出にくい感染症であるからこそ注意しよう

性病にもたくさんの種類がありますが、淋病やクラミジアは特に症状が出にくい病気になります。HIVもエイズを発症するまで年数が必要になることから、自覚症状が出にくい感染症のひとつです。だからこそ注意しなければなりません。

 

そのままにしておくと不妊の原因になる

淋病は男性の無精子症を引き起こします。また女性は淋病だけではなくクラミジアも不妊の原因になります。

どちらとも日本で感染数が多い性病になっており、特にクラミジアは初体験を済ませてしまう高校生くらいから感染者が増えており、女子で13%、男子で7%ほど感染していると言われています。将来取返しのつかないことになる可能性もあるのが性病です。自覚症状が出にくいからこそ要注意です。

 

感染させてしまう可能性

自覚症状が出ないから自分は大丈夫と安心してしまう人もいるでしょうが、感染している状態で性行為をしてしまうと、他の人に感染させてしまう可能性があります。絶対に感染させるわけではありませんが、もしかしたら自分が感染していれば、他の人に移してしまう可能性があることを知っておきましょう。大切なパートナーができた場合、特に注意しておきたいことです。

 

自覚症状がないから安心はできない

自覚症状があればラッキーになるのも性病になり、ないからこそ怖い病気でもあります。心当たりがある性行為をしたことが過去にある場合、誰にでも感染している可能性があることを自覚することが大切です。

 

心当たりがあれば検査を

自覚症状がないからこそ、心当たりが予防線になります。そのような過去がある場合、できる限り性病検査を受けるのが望ましいです。また新しいパートナーができれば、積極的に二人で検査を受けることも推奨されています。