もしかしたら性病かも?そんなときにするべきこと

症状が出にくい淋病やクラミジアといった性病もあることで、その「もしかしたら」といった不安がとても重要な判断になります。症状がある人、またはないけれど不安がある場合の対処方法を知っておきましょう。

 

検査こそがすべて

症状がでにくい病気もありますので、自覚症状が出ないだけであり感染している可能性もあるのが性病です。だからこそ白黒はっきりさせるために、検査を受けるようにしましょう。

主に泌尿器科や婦人科で検査を受けることができます。最近は性病科も増えていますが、地方になると少ないですので、泌尿器科や婦人科に頼ると良いでしょう。

 

病院に行くのが恥ずかしいのであれば

ただ問題もあります。性病の可能性に悩んでいる人の多くが恥ずかしい理由で病院に行きたくない事情を抱えています。そのような恥ずかしい気持ちは当然生じるでしょう。そんな時にも対処方法があります。

それは検査キットを使うことです。インターネットで購入し、検査をして郵送をすることで自分だけしか結果を知ることができない方法があります。これを利用することで、プライバシーを守りながら自身の性病の有無を知ることができます。

 

検査キットから病院に行くこともできる

検査キットを使い、仮に陽性であった場合は、その検査結果をもって病院に行くこともできます。都会であればスムーズに治療を開始できるように提携しているクリニックもあります。地方になると少なくなりますが、検査結果を医師に見せることによって、治療を円滑に開始することができるでしょう。

 

不安の解消こそが性病対策になる

自覚症状が出にくいからこそ、不安も生じるはずです。その解消こそが性病対策に欠かせませんので、まずは検査を受けることから始めてください。