淋病とクラミジアは似ている

性行為によって感染する病気はさまざまありますが、特に淋病とクラミジアは似ているのが特徴です。また同時に感染することも多い感染症になります。淋病とクラミジアの特徴を見ていきましょう。

 

ともに同じ症状を感じる

男性は尿管に感染することが多く、排尿時に激しい意味を感じたり、膿が出ることがあります。ただ淋病は自覚症状が出ることが多いですが、クラミジアとなると顕著な症状がでにくくなるのが男性の特徴です。

女性は不正出血、性交時の痛み、おりものの増加、下腹部の痛みが症状として挙げられます。淋病とクラミジアともに症状が似ているのが特徴です。

 

女性は自覚症状がでにくい

淋病の場合、男性は症状が出ることがありますが、女性はどちらとも症状が出にくいのが大きな特徴です。このような特徴により、気付かないことで不妊症の原因になることも。骨盤内に感染が広がり、子供が欲しくても妊娠できなくなる可能性があります。症状が出ることが少ないからこそ、女性は男性よりも注意をしなければなりません。

 

治療の問題点

ともに病院に行き、抗生物質の投与によって治療をすることができます。ただ年々医薬品が効かなくなっていることが指摘されています。淋病になる淋菌やクラジミアの原因であるクラミジアトラコマティスは、生き残りをかけて進化することにより、医薬品に対して耐性が付くことによってこのようなことが起きています。だからこそ医師の指示に従って、確実に治療を進めることが大切です。

 

不安の解消をしよう

「もしかしたら感染しているかも?」。この不安こそが性病対策として大切になります。症状が出にくいからこそ、その不安を持つようにしてください。この不安がある場合は、すぐに検査を受けるようにしましょう。