こんな行為も感染する原因になる

性行為と聞くと挿入をすることを思い浮かべる人が多いはずです。その行為によって性病に感染するのは間違いありません。ただし挿入以外でも感染する部位があることを知っておきましょう。性病と対峙するには、正しい知識が求められます。

 

口腔内や肛門から感染することも

意外に感じられる人も多いでしょうが、口腔内や肛門から感染する人が多いです。口腔内はオーラルセックスによって、肛門はアナルセックスや同性愛者の感染が多くなっています。

性病は感染した人の粘膜の接触や精液と膣分泌液が感染源になっていますので、口腔内や肛門から感染することも頷けるはずです。

 

オーラルセックスがセックスの基本になっている

アナルセックスはそれほど愛好者はいませんが、オーラルセックスは要注意です。アダルトビデオの普及から、基本的なセックスの動作になっています。また挿入まで行かないけれど、フェラチオくらいまでの関係になることも良くあることで、ここから感染することもあります。

口から性器にも当然感染し、そこから爆発的に増えることも予見することができるでしょう。性器だけに感染するのが性病と感じる人も多いでしょうが、口腔内にも感染する可能性があることを知っておきましょう。

 

感染しない対策

コンドームの着用が最大の防御になります。オーラルセックスでコンドームの着用をする人が少ないことで、感染者も増えています。また男性が女性にする場合はラップを使った予防がおすすめです。なかなか現実的ではありませんが、これが予防になります。

 

不特定多数のセックス禁止とコンドームの着用を

パートナーはひとりに絞り、またコンドームの着用を徹底することで性病を防ぐことができます。基本の予防動作になりますので、怠らないようにしましょう。