保険が使えないこともあるのが性病

日本は社会保険制度が充実しており、国民皆保険制度のもと、身体の具合が悪ければ治療を受けることができる体制が整っています。ただしあくまでも身体の具合が悪い場合に限り、それ以外は保険を使った治療を受けられない可能性があり、性病は特に注意しなければなりません。

 

保険を使えないことがある

身体の具合が悪ければ保険を使うことができますが、悪くなければ保険診療を受けることができません。検査である人間ドックが高い理由はそれになります。要するに自覚症状がない場合、保険を使うことができないことになります。

性病は淋病やクラミジアなど自覚症状が出ない病気もあり、特に女性は顕著にそれが表れやすいです。よって不安があったとしても、自覚症状がなければ病院で検査を受けると、保険診療外になり、高い医療費を請求されることになります。

 

保険を使う治療のために考えられること

このような事情があることを頭の中に入れておかないといけません。だったら自覚症状が出てからでも遅くないと想像する人もいますが、その考えは要注意です。性病は性行為によって誰かに感染させてしまう可能性もあり、感染したままにしておくと不妊症や深刻な症状を引き起こしてしまう原因になることも。

だからこそ治療が必要になります。最近は検査キットをネットで購入し、それを郵送することで感染の有無を知ることができるようになりました。その検査結果で陽性である場合、クリニックに結果を持っていくことで保険診療を受けることが可能です。

 

検査キットの活用を

恥ずかしいからクリニックに行けない人も多いのが性病です。検査キットを活用することで、感染の有無だけではなく、保険診療も受けられる体制が整いますので、不安がある人は活用をすると良いでしょう。