淋病に見られる症状

クラミジアと並び、日本で代表的な性病のひとつになっています。最近はSTDとして認知が高まっているのが性病ですが、減っているわけではなく、むしろ増えているのが現状です。甘く見ていると将来後悔することもありますので、淋病について詳しく知っておく必要があります。

 

どんな病気?

淋菌の感染によって引き起こされる病気です。感染率は30%と高く、主に男性が感染しやすい病気になっていますが、女性の感染の多いですので気を付けなければなりません。

感染者の粘膜が触れることによって感染し、精液や膣分泌液を介して感染します。また挿入だけではなく、オーラルセックスによって口腔内に感染することも増えています。風俗に行くことが男性に多いことから、女性よりも感染者が多いのはこのような理由からです。一般のカップル、または雰囲気に流されてフェラチオだけの関係になってしまうことで感染する可能性もありますので要注意です。

 

男女によって症状の出方が異なる

男女によって症状が変わってきます。

男性が感染しやすいのは尿道になっており、その場合激しい痛み尿道からの膿が出ることが多いです。男性は比較的症状が出やすいですが、注意しなければならないのは女性です。

感染して無症状のことも多いのが女性の特徴になっています。症状が出る場合は、おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時に痛みが発生することがあります。ただ症状が出にくいことが多いですので、無自覚で他の人に移しやすいのも女性の特徴です。

 

不妊になる可能性

男女ともに無症状の場合、不妊症になる可能性があります。特に女性は要注意です。卵管炎や骨盤腹膜炎になる可能性があり、子宮外妊娠や不妊症になることも。

男性も無精子症になることもあり、生涯子供を持つことができなくなるほど怖い病気です。特に性行為の低年齢化が顕著になっており、高校生で感染し、長い期間無症状によって、不妊症になってしまう人も最近は増えています。

 

症状が出にくいことで感染させやすい

女性は症状がでにくいのが淋病です。またその他の性病も症状がでにくいのが女性であり、そのような事情によって他の人に移してしまうことも多いです。以前感染しており、そのまま無自覚で新しいパートナーが見つかり、そこで他の人に感染させてしまうことがあります。そうすると爆発的に感染者が増えてしまい、ここにこそ淋病の怖さがあります。

推奨される対策として、新しいパートナーが見つかった場合、互いのことを考えて性病検査を受けるのが良い方法ですが、なかなか難しいのが現状です。ただし最近は郵送で検査ができるキットもあり、それを使うと、プライバシーを守ることができ、煩わしさを軽減させる方法になります。このような方法があることを知っておくことが大切です。

 

検査と治療方法

検査は病院で受けることができます。ただし症状が出ない場合、保険を使うことができない可能性もあります。そうなると高くなりますので、郵送の検査キットを活用すると良いでしょう。

治療方法は筋肉注射や静脈注射によって抗生物質の投与になります。比較的治りやすいですが完治しにくいとまたぶり返してしまい、他の人に移してしまう可能性もあるでしょう。しっかりと治すことが大切です。

 

不用意なセックスを避けるのが予防

感染元がセックスになりますので、避けることが賢明です。ひとりのパートナーを守り、非特定多数のパートナーとは遊ばないように徹底するのが、淋病への向き合い方になります。